2005.9.21
最古のヴァーサ船が、まるごとおさまっているヴァーサ号博物館。
その大きさに驚きます。1682年、この船はとてもつもない時間と労力をかけて王のために作られたのに、その記念すべき処女航海で出航してすぐ、ストックホルムの港を出ないうちに沈んでしまったという悲しい船です。ずっと行方不明で、1961年に引き上げられました。下の階には、船と一緒に沈んでしまった人たちの白骨がそのまま展示されています。どうせ沈むにしても、せめてこの船の帆はもっと風を受けたかっただろうに。

2005.9.22
「おい、ちょっと来てくれ!大変なんだ!」

2005.9.22
「船が沈みそうなんだよ!」

そういわれても、小さなダマ三兄弟にはどうにも出来なかったので、兄弟はそのまま転がり続けました。

←back →next